がん治療設計の窓口がしてくれる事とは


がん治療設計の窓口

がん治療設計の窓口では、これまでの標準治療以外の、治療方法を提案してくれます。
自由診療にすると、がん治療の選択肢というのは、非常に増加するのです。
例えばどのような物があるのかと言いうと、まずは免疫療法等があります。他にも粒子線治療や、分子標的薬等があります。他にもロボット手術という方法もあるのです。

これらは保険適用はされていません。
しかし科学的な根拠がある治療方法ばかりなのです。
そして、これらは、先端治療なのです。このような先端治療と標準治療を栄養する事によって完治の可能性を大きく広げるのです。
がん治療設計の窓口では、先端治療の特徴等の説明をして貰う事が出来ます。そして、費用や、治療を受ける時の条件を踏まえて、療法を決めていくのです。
どのような組み合わせが妥当なのかを導き出してくれるのです。

がん治療設計の窓口で相談をした後は、患者が専門機関を訪問する事になります。
そして、具体的な治療法を検討して、スタートするという形になります。
それから、専門治療施設リストの提供、標準治療との組み合わせ等、様々な部分をサポートして貰う事が出来るのです。
そうする事によって、完治の可能性が大きく広がって来るというのは、間違い無いのではないでしょうか。
諦める必要は無いのです。